« ヴィレヴァン刈谷店さんへ作品を置いていただく事になりました。 | トップページ | シリコン型の下ごしらえ »

Classic Style Concert 2009~ゴンチチの生音三昧~

090307_16200001_3

7日に行って来ました。ゴンチチライブは何年ぶりやろか。
左がゴンザレス三上さん、右チチ松村さん。ギターデュオです。
久しぶりに見たチチさんは頭もまゆ毛もまっ白になっててびっくりした。どこのおじいちゃん !?って 笑

以下、覚えてるセットリスト。順番はバラバラ。

アナザムード
マルセルでさえも
修学旅行夜行列車南国音楽
歩いても歩いても
山の温泉旅館
7season 4beat
prelude to mica (演奏してたかな?)
放課後の音楽室
安里屋ユンタ
zephyrus
Right Side of Sorrow
枯葉
scarborough fair
緑の性格~黒い蟻の生活(第一部のラスト曲)
忘我の調べ
UPC
My Favorite Things

【アンコール】

ラグタイム(チチさんのみ)
即興?(三上さんのみ)
シンコペーティッド・クロック

まず、座席が前から4番目、ど真ん中。ち、近い・・・。
音響機材を一切使わないライブだったので本当に生音がよく聞こえた。客の年齢層も高いので“大人”な雰囲気のライブでした。

■緊張しっぱなし

最初の2曲の演奏中、客席の緊張感が半端なかった。
座席で体を動かすのも、咳をするのも唾を飲み込む音も許されないくらいの異様な静けさに緊張しまくり。しばらく『お腹が鳴ったらどうしよう』が頭の中をぐるぐる回ってました 笑

客席の異様な緊張感が伝わったのか、

チチ「皆さんがね、音を立てたらだめだ、咳をしたらだめだと思ってるのがね、すごく良く伝わってくるんですよ~」と嬉しそう 笑
チチ「でもこうやって話をしてる間や、拍手の時に咳してもらって構わないですからね」
と言った途端に一斉に咳込み始める客席にまたまた嬉しそうなチチさん。
みんな我慢しとったんやね 笑

小さな音も舞台によく届いてるみたいで、飴の包み紙を開ける音に、
チチ「どなたか、飴の皮をむいてますねぇ」

私の隣座席のおばさんが曲が始まる寸前に咳が止まらなくなり、
チチ「咳・・・大丈夫ですか」と突っ込んでみたり。

後、曲目リストの紙がそれぞれ足元に置かれているんやけど、チチさんだけ間違った紙が置かれていた模様。
チチ「これ・・・僕の紙違うんやけど(客大爆笑)」
三上さんが自分の分を見せてあげて解決。でもしばらく2人でボソボソ確認し合ってるのがおかしかった。

■三上さん、どんぐりについて熱く語る

チチさんのトークでライブが進行して、三上さんはなかなか喋らないというのがゴンチチライブの形だけど、今回は三上さんのドングリ話が熱かった 笑

最近のブームはどんぐりだ。

気がつくと身の回りにどんぐりグッズがいっぱいあった。

お茶碗の内側がどんぐり柄で、この茶碗を使うとご飯が進む。

箸置きもどんぐりだ。

夢枕にどんぐりの精が立っていた。

どんぐりの精は、人間くらいの大きさのどんぐりに手足が生えている。ヘタが上にあって帽子のようになっているのではなく、ヘタが下側だったのでパンツをはいてるようだった。びっくりした。

どんぐりの精が夢枕で「いいことがあるよ!」と言った次の日、事務所に打ち合わせに行ったら木彫りのどんぐりの置物が届いていた。

三上「今日も「いいことがある」と言われたので・・・」
チチ「それ何か(くれと)催促してるだけじゃないですか 笑」

等々、本当はもっと長いです。
言いたいことだけ言い終えると急に話を終わってギターのチューニングを始める三上さんに笑いが止まらなくなるチチさん。

■最近は不況だとか言われてますが

チチ「そんな中お集まりいただきありがとうございます。皆さん大丈夫ですか、派遣切りに遭ってる方とかいらっしゃいませんか」

なんと前列のお姉さんがそうだったようで 笑

チチ「えぇ!?大丈夫なんですか、(ライブに)来てて。仕事探さなくていいんですか??(かなり動揺)」

■リズム極道とメロディー坊や

ゴンザレス三上とチチ松村、この名前をつける前に候補に挙がっていた名前らしい。

090308_21330001_3
濃すぎる。

■アンコール

割れんばかりの拍手と歓声と指笛に、おぉ~っとびっくりしながら嬉しそうな2人。

アンコールになって登場したのはチチさんのみ。ふ~っと天井を見上げてにやにやしながらの登場。あの~・・・天井にどなたかいらっしゃる?
演奏したのは“ラグタイム”。前奏で音を間違えて
チチ「あれ?」
最初に戻って演奏。また間違えて首をかしげながら「おかしいなぁ?」というような顔。
今度はちゃんと演奏できた。にんまりしながら退場。

入れ替わって登場したのは三上さん。
曲名は分からなかったけどとにかく凄かった。即興のような曲で、途中どこで曲を終わればいいか分からないといったような困り笑顔を浮かべてました。超絶技巧とはまさにこのこと!
バシッと演奏が終わった瞬間、後ろの座席のおじいさんが「すばらしいっ!!」と叫んだのがすごく印象的だった。あの声はぜひ舞台まで届いていてほしいなぁ。

再びチチさん登場。
チチ「2人の音楽性の違いがよく分かりますねぇ 笑」

2人揃ってシンコペーティッド・クロックを演奏してラスト。

あぁ、やっぱり生はいい!

ゴンチチってどんな人達?
http://www.gontiti.jp/index2.html

程よくゆるい喋りが聞けます。おすすめのラジオ。
NHK-FM放送「世界の快適音楽セレクション」(毎週土曜日午前9時00分~10時57分)

|

« ヴィレヴァン刈谷店さんへ作品を置いていただく事になりました。 | トップページ | シリコン型の下ごしらえ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いいねぇ、なんかいい‥。て、めっちゃいい席やね!


うは、その番組昔よく聴いてましたがな!最近はラジオから遠ざかってるなぁ‥オジサンが電車内で聴いてるような携帯ラジオ欲しい!(高デザイン性は求むけど)

投稿: koharu | 2009年3月10日 (火) 21時15分

まさに「目が合った気がするくらい近い席」ですよ!あ、サングラスだから合ってもわかんねぇや。

ほぼ毎週聞いとるよ。カムバーック!

投稿: ヒグチ | 2009年3月11日 (水) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003721/28548465

この記事へのトラックバック一覧です: Classic Style Concert 2009~ゴンチチの生音三昧~:

« ヴィレヴァン刈谷店さんへ作品を置いていただく事になりました。 | トップページ | シリコン型の下ごしらえ »